ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの評判

ミュゼプラチナムは部分脱毛施術の料金設定が低い事と、格安キャンペーンが多く実施されている脱毛サロンです。
良い評判としては、キャンペーン料金が安い・脱毛効果が実感できる・自分に合った脱毛プランで施術ができる・スタッフが丁寧で勧誘もなかったという口コミが見られました。
ミュゼプラチナムは、格安プランだけでの利用も可能で、両ワキ+Vラインなど人気部分の格安キャンペーンも多く実施されています。
ミュゼプラチナムは部分脱毛コースの料金が他のサロンと比較しても平均〜やや低めの設定となっている分、全身脱毛の料金設定が割高です。
平日日中は割安となっているプランも利用できるのでお得になっています。
ミュゼプラチナムでは、上半身セット・下半身セット・デリケートゾーンセットから2セット分を1回ずつ脱毛できる全身脱毛チョイス年間パスポート390円というコースや両ワキ・Vライン1年間通い放題の利用ができるコースがあるので、お得に脱毛スタートができるサロンです。
脱毛の効果についても、毛がほとんど目立たなくなり痛みを感じることもなく脱毛を実感できたという方が多く、店舗数も多くショッピングビルなどにあるため通いやすいという口コミが見られました。
ミュゼプラチナムは毛が減っていくのを実感できるサロンでもありシェービングやキャンセル料など追加料金がかかることもなく強引な勧誘もなく安心して通えるサロンであるようです。
脱毛効果の他にも化粧ノリがよくなったり、肌質が改善されたという口コミも見られます。
悪い評判としては、予約が取りにくいということと勧誘された・対応が悪かった・脱毛効果に時間がかかるという口コミが見られました。
ミュゼプラチナムは脱毛サロンのなかでも予約が取れないことで有名なサロンでもあります。
土日は混み合うことも多く、予約が取りにくい状況になりやすいようです。
現在では脱毛マシンをグレードアップすることで施術時間を大幅に短縮できたことで予約の混み合い改善がなされています。
脱毛サロンでの脱毛効果は個人差が大きくでることが特徴であり、ワキの脱毛においては毛質が太く毛がしっかりしていることと毛の生え変わりが頻回行われる部分であるため他の部分よりも脱毛回数も脱毛完了までの期間も長くなります。
脱毛完了までには平均として2年〜3年かかりますが、ミュゼプラチナムは部分脱毛のプランが多くまとめての脱毛とならないため長いと感じる方も多いようです。
勧誘については、店舗によって他のコースの提案をされる場合もあります。
キャンペーンのみでの脱毛を希望しているのに他の部位や脱毛コースを提案されるという場合が多いのですが、キャンペーンはお試し程度の回数であったり予約が2週間前からしか取れなかったりするコースであるため別コースを契約したほうが効率的に脱毛できると提案するのでそれを強引に感じられる方もおられるようです。

ミュゼプラチナムの料金体系とは

ミュゼプラチナムは2019年から料金システムが大きく変わり、従来のプランとして両ワキ・Vライン脱毛し放題100円というコースがありましたが、現在は両ワキのみ100円で脱毛し放題ではなく6回のみとなっています。
脱毛し放題コースを希望する場合はMカードというクレジットカードを作成してからの契約というルールです。
Mカードはミュゼプラチナムがオリジナルで発行しているクレジットカードで買い物でも使用することができます。
2019年以降、カードを作成することが脱毛し放題の条件となってますが入会金・年会費はかからないのでデメリットではないです。
ミュゼプラチナムにはフリーセレクトプランとい部分脱毛を希望する方向けのプランがあります。
フリーセレクト美容脱毛コースはレギュラープランが1回9720円・デイプランが1回8100円です。
レギュラープランとは何時でも何曜日でも施術できるプランで、デイプランは平日の12時から18時までのプランとなっています。
施術は4回目から50%オフとなるため、施術回数が10回となるとレギュラープランは48600円・デイプランは40500円です。
ハイジニーナの料金プランはレギュラープランが1回19440円・デイプランが1回16200円となっています。
このコースについても4回目以降は50%オフとなりますので10回の施術でレギュラープランが97200円・デイプランは80100円です。
ミュゼスターメンバーシップに登録することで契約金額がもう少し安くなるサービスもあります。
他にも全身脱毛バリューコースも用意されていますが、ミュゼプラチナムで人気のコースはスタンダードAのコースと、うでプラスA・あしプラスDというコースです。
スタンダードAは両ひざ下・両ひじ下+手の甲、指・足の甲、指・Iライン・トライアングルの組み合わせのコースで、うでプラスAは両ひじ上下+両ひざ下・手の甲、指・足の甲、指の組み合わせのコース、あしプラスDは両ひざ上下+背中上下の組み合わせのコースとなっています。
脱毛したいパーツがいくつかあるという方にはおすすめのコースです。
レギュラープランで1回34020円、デイプランで1回28350円となっています。
他のコースと同じように4回目以降は50%オフとなるので、10回の施術になるとレギュラープランは170100円、デイプランは141750円です。
全身脱毛コースはレギュラープランが1回68040円、デイプランが1回56700円となっています。
4回目以降50%オフが適用されるので10回の施術ではレギュラープランが340200円、デイプランが283500円です。
全身脱毛範囲には顔の施術は含まれていません。
襟足の施術については12回以上の契約が必要となりますので注意してください。

ミュゼプラチナムの解約方法とは

ミュゼプラチナムは部分脱毛の格安キャンペーンが実施されることが多く手軽に通える脱毛プランが多く用意されているクリニックです。
人気が高い分予約が取りにくいという問題や、部分脱毛より全身脱毛を検討したいという理由で乗り換えを考える方もおられると思います。
ミュゼプラチナムは最後に通った日から2年以内ならどんな理由であっても解約することができ、施術を受けていない分の全額返金も可能です。
美容脱毛完了コース(回数無制限コース)に6回以上通った場合のみ2年以内でも解約することはできませんので注意してください。
また、妊娠が理由であれば解約ではなく休止が可能です。
ミュゼプラチナムの解約方法は、電話での手続きとなります。
ミュゼコールセンターへ電話連絡をして契約店舗の予約を取り、契約した店舗で解約の書類の記入と返金手続きをすることで返金額が銀行振り込みで入金される流れです。
解約は、未成年でも親の同意書無しで自由にすることができます。
解約の手続きに必要なものは返金額を振り込んでもらう口座のキャッシュカードか通帳・印鑑・ミュゼの契約書で、クレジットカード払いの方のみクレジットカードが必要です。
解約書を無くした場合でも解約はできるのであらかじめスタッフに伝えておいてください。
ミュゼコールセンターの受付時間は10時から19時で年中無休となっています。
コールセンターに電話をしたらスタッフさんに解約の予約ですと伝えることでスムーズに話が進みます。
解約できるのは基本的に契約した店舗でのみです。
コールセンターのスタッフさんにもどちらの店舗で契約しましたかと確認されるため事前に店舗名を把握しておくようにしてください。
引っ越しをしたことで契約した店舗から離れてしまった場合にはしっかりとそのことを伝えておく必要があります。
予約を入れた日時に店舗に行き解約の書類を記入し解約コースを返金の説明がされてから清算書と講座確認書が渡されますので万が一のトラブルに備えて清算書はしっかりと保管してください。
返金のタイミングは契約金の払い方によって違います。
契約金を現金で払った人は解約月の翌月松の入金で、クレジットカードで払った人は早くて3週間後の入金です。
ミュゼプラチナムの返金対象は脱毛料金のみとなっており、ミュゼコスメでの購入品は返品返金対象外となっています。
また、ミュゼメンバーシップの会員費も契約した日から8日以降になると返金・現金化対象外となり、契約時・誕生日月に発光された脱毛チケットも返金・現金化対象外です。